ハンドルベアリング交換 14 タトゥーラ 103HL-TW



DSC_3496_result.JPG

純正のままでも
悪くない巻き心地のタトゥーラですが
ちょっとガタが気になるかな?

って事で
今回はハンドルにベアリングを
追加してみました。



先日、購入した

1455946595111.jpg

外径7mm x 内径4mm x 厚み2.5mmの
740ZZベアリング。

コレを使って
ハンドル内にあるプラブッシュを
ベアリングに交換していきます。

DSC_3509_result.JPG

ハンドルの側面に
黒い樹脂製のカバーがついています。
良く見ると小さな穴が開いているので

DSC_3497_result.JPG

自分は極細ドライバーを穴に突っ込んで
カバーを外しました。
 本当は専用器具があるみたいです!

カバーを取り出すと、

DSC_3498_result.JPG

こんな感じで穴の中には

女性の神秘がぁ~~!

100.jpeg

なんて事はありえません!

中にはネジが入っています。
これを、

DSC_3499_result.JPG

ドライバーで外すのですが、
結構なトルクで固定してあるので、
大型のドライバーを使うと
楽に外せると思います。

ネジを外せば
ハンドルが取れます。

DSC_3503_result.JPG

穴の中に見える黒い物体が
プラブッシュです。
コレをベアリングに交換するわけです。

DSC_3502_result.JPG

何か某で引っ掛けて取り出せます。
そして、用意しておいた

DSC_3505_result.JPG

ベアリングを
入れ替えるだけなので
簡単ですよね!

DSC_3504_result.JPG

ベアリングを軽く押し込んで
先ほど外したネジを締め付けます。

DSC_3506_result.JPG

後は、
先ほど外した
カバーを押し込んで

DSC_3507_result.JPG

はい!
終了~~~!!

作業時間は10分ぐらいでしょうか?

DSC_3508_result.JPG

実際、リーリングしてみると・・・
なんと驚き!!

滑らかに、軽々と・・・

200.jpg

なぁ~んて事はねぇ~~!!

さほど変化はありませんよ!
特にタトゥーラは
ハンドルの根元部分は
すでにベアリングが入っていますし
交換するのは2個になります。

多少 ガタは減っています。
もう少しキッチリしたいなら、
極薄のワッシャー(スペーサー)を
かませば、もっとガタは減るかと
思いますが。

そこまでの必要性はないでしょう!
純正のままでも十分ですよ~

リールのカスタマイズは、
あくまでも、
自己満足ってことなのでしょうか。

でも、簡単ですので
やってみると、より
愛着が沸くと思います!

是非!







この記事へのコメント

  • 改造作業、お疲れ様です。

    不器用な自分も唯一ハンドルノブのベアリング交換だけは過去に成功しました。(その他は無理)
    最近のハンドルノブだとあまり効果が現れないのでしょうか?(一昔前のリールのハンドルしか知らないので……ごめんなさい)

    交換の効果としては、ラバージグ等の巻き抵抗が小さいルアーでの中層スイミングの際に、操作感が良くなったり、違和感を感じやすくなった……気がします。(単に慣れかもしれませんが)

    ちなみに湖上で 『お手あげ』 になった時、ハンドルノブを指で突付いてスムーズに回転している様をのんびり見ていると、心が癒される……気がします(笑)
    2016年02月27日 09:00
  • 管理人

    哲さん>

    たしかに、ハンドルベアリングの交換は
    簡単ですもんね~

    確かに自分の初期スこーピオンの1501は
    昔ながらのハンドルでしたが、
    自分的には、普通に巻けました^^;

    最近のリールは
    変にベアリングの数の多さを競ってますし
    標準で装備されていますよね・

    特にタトゥーラはすでにベアリングは
    片側に装備されてますので
    劇的な変化は・・・

    こうなると
    好みの部分ではないでしょうか?

    でも直接手にするハンドルだけに
    重要なパーツであるのは
    間違いないですよねw

    あ~湖上に出たいw
    2016年02月27日 13:58