琵琶湖の水深って知ってますか?地図で見れるぜよ!

皆さんは琵琶湖の水深って
ご存知でしょうか?

30.jpg

ボートで魚探をお持ちの方なら
詳細に把握出来ているでしょうが
陸っぱりの方は・・・



水深を知る




勿論 水位や放水量については
「琵琶湖河川事務所」などのHPにて
毎日更新されているので
皆さんチェックされていると
思います。

ただ、実際の水深となると
現地に行って底物のルアーを
ズル引きするなどして
感覚的に計ってられてるかと。

でも、ウィードの濃さなどでも
曖昧になりますし

どの程度の正確性があるのかは
解り難い部分でもあります。

地形をイメージする




特に琵琶湖というフィールドは
広大な面積がありますから
陸っぱりといえど
無限のポイントが存在します。

そんなポイントで
事前に地形をイメージする事は
メリットといえるのではないでしょうか?

10.jpg

同じ底物ルアーを引いてきても
ある程度イメージがあるのと、
全く無知な状態からスタートするのとでは

かなりの違いがあると思います。

もしかするとイメージしていた
ブレイク(落ち込み)にキャストした
ルアーが届いていないかも。

そうなれば、もう少し飛距離を
伸ばすのに重いルアーを
投げるとか、
タックルを変更するとか

対応も早くできますよね!
当然 時間が限られてくるなら
尚更 釣果にも変化が出てくるはず!

ネットで事前調査



となると、
アナタが行かれるポイントの水深は
どうやって調べるのか?

自分がネットで調べた所

一般財団法人
日本地図センターさんのHPで

「水深図」が閲覧できるように
なっています!

琵琶湖大橋付近の水深図

20.jpg

を見ていただいても
数値化されているので
解り易いですよね!!

HPでは移動も出来ますから
自分の釣りポイントを
確認もできます!

ただ・・・
ちょっと操作性が悪い・・・

最新 水深図



そこで発見したのは

「地理院地図GLOBE」

これは・・・
凄いですよ~!

某グーグルマップの様に
マウスの操作で簡単に
好きな場所にスクロールできて
簡単に水深等高線を確認できます!

10.jpg

先ほどの日本地図センターさんの
マップはコチラ

20.jpg

記載されている内容は一緒ですが、
移動やスクロールのスムーズ差では
完全に

「地理院地図GLOBE」の方が
良いと思います。

左ボタン+ドラッグで移動、
ホイールで拡大・縮小、
Ctrl+左ボタン+ドラッグで傾きの調整と、
地図はマウスで操作。

スマホには対応していないので
注意してください~!

上手につかおう



とはいえ
こんな水深図だけを見ていても
チンプンカンプンになるかも・・・

そこで

10.jpg

こういったガイド本と照らし合わせて
漠然としたポイント紹介に
水深をイメージさすと、

より

良いポイントが絞れて
移動する時間などが短縮され

少しでも長くルアーを
水中に入れられる!!

さすれば、釣果は伸びる!!

10.jpg

最後に




こういったネットを使った情報は
知らぬより知っていたほうが
ベターだと思います。

ただ、プロやテスターなどのメーカー関連の
方のブログなHPを見ていると、

素晴らしい釣果が並んでいますけど
ボートであったり
毎日釣行に出てたり
数名の中の1本の報告だったりと

自分達、サンデーアングラーとは
別のレベルでの話だと思っています。

「今日はOOOルアーで爆釣!!」

なんて聞いたところで
ポイントが全然違うし
それこそ水深も違うし。

あくまでも参考程度にですよね。

最終的には
自分が決めたポイントなら
やりきれば それなりの
満足感が得れるのでは?

実際 3年瀬田川に通っている
私の意見ですねん・・・

勿論

つれてませんけどね~
と、
グダグダ書きましたけど
皆さんの参考になれば幸いです!


エンジョイ ブラックバスフィッシュ~!


Sponsored Link








バス釣りランキングへ

この記事へのコメント