瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) 5

2016年5月作成

浮島下流側



第五回のポイント紹介は
「浮島下流側周辺」です

5.jpg

名神「瀬田」インターから
車で10分掛からないでしょうか。


唐橋の真ん中に浮く島。
旅館やギャラリー、
レストランもあります。
現地に行けばすぐに解ります。

5-2.JPG

全体



5-1.JPG

赤色は チャネルライン(ブレイク)
黄色は 超シャローエリア
水色は 流れ込み?!
黄緑色は シャロー&ウィードエリア
紫色は 釣果の良く聞くポイント
という感じです。

この場所の一番のポイントは
なんといっても、

浮島によって
流れが合流するポイント。

瀬田川にとって
カレント(流れ)とウィードを
狙うべきポイントですから。

基本オープンエリアの
瀬田川陸っぱりでは
十分な狙い目のポイントに
なるはずです。

それが黄緑エリアですね!
実績も十分。
人気も高くて、この周辺には
必ずアングラーが居ますよ。

浮島に入ることによって
両岸からでは絶対に届かない
赤色のチャネルラインの
 ディープポイントまで
キャストできるのも
このエリアの魅力ではないでしょうか?
(放水量に注意!)

上流側と同じく
ヘビキャロなどを
遠投してジックリ狙うというのが
メインになりそうです。

瀬田川に来たら
一度は寄ってみるのが良いですね!

基本的に魚影が濃いので
人も多く集まりますから
アングラー渋滞も起きるかも・・。
狙えるポイントは
広くないのでトラブルの無い様に
してくださいね~。

赤色エリア



5-6.jpg

唐橋からの画像ですが
あきらかに美味しそうな
縦ストラクチャーが
ありますよね!

これって・・・

釣れた記憶は私にはありません。
夜釣行だからなのか
わかりませんが、

魚が付いているようには
感じませんね。

というわけで
赤色エリアは
「チャネルライン」です。
上流側と同じ事が言えますが

この川の幅しかないのに
全ての流れを受け止めているのですから
常にそれなりの流量があるのは
容易に想像できます。

しかも、浮島からなら
ど真ん中まで
ちょっとした遠投で届きます!

これは他の瀬田川エリアでは
考えられない事なので
シッカリと深い層を攻めれば
釣果が期待できそうですね!

かならず、ココを通って
ブラックバスは
上流、下流に移動してるのです。

必ず居ますよw
多分・・・

黄緑エリア



黄色エリアからの支川の流れとの
合流地点になります。

水深があるわけではなく、
ギッシリ ウィードが年中形成されてます。

おかげで水面からウィードトップまでは
幅が狭いので投げれるルアーは
ある程度、限定的になるでしょう。

ただ、流れ込みもあるので
複雑な流れの変化があるのも事実。

梅雨から秋まで、
シッカリと打ち込めれば
釣果は期待できます。

自分の始めての瀬田川バスも
このポイントだったので
思い出深い場所になります。

ただ、そういったポイントは
人気があるのも事実ですし、

バスの警戒感もハンパないでしょうね。
そこは
タイミングと釣り方を
工夫していくしかないでしょうが、

魚影は濃いのは間違いなし!!
投げてみる価値あり!です!

黄色エリア



5-4.jpg

コチラは水深でいうと
膝ぐらい(30~40cm)ぐらいしか
ないのでは?というぐらいの

超シャローエリアが続きます。
夏にはウィード祭りです。

基本的に釣果は期待できないというか、
投げている人もあまり居ないかも。

このエリアはさっと
軽く流す程度でよいかも。

でも、バスが居ないわけも
無いのが凄いところです。
通り道になってるのでしょうか?

水色エリア



見ての通りの流れ込みです。
(画像はまたの機会に撮影してきますね)

何らかの変化があるのは
間違いないでしょうが・・・

実は去年の台風で土砂が
大量に流入し、

超スーパーシャローエリアに
なりました。
減水しているときは、
歩いて沖に出れるぐらいです。


土砂のお陰で
小さなブレイクが形成されましたので
そこを重点的に狙ってみるのも
面白いかもしれませんが、

現時点では
夏にウィードの生え方が
全く解らない状態です。

もしかしたら・・・
凄いポイントに変化するかも~

楽しみなエリアになりました。

紫色エリア



5-6.jpg

実は対岸になるのですが
自分的にも
釣果があった場所なので
紹介しておきます。

当然、人気スポットなのですが
人工的な設置物が
ストラクチャーになり

バスが居易い場所になっているかと。
特に紫の円の上流側は

完全に人工的ワンド状ですから
角先を岬に置き換えたり、
奥角なんかは
狙うべきポイントでしょうね。

紫の下流側の円は
本流の流れからくるブレイクを
狙っていけば
釣果も期待できると思います!

このエリアも少し歩けば
色々な釣りが展開できそうですね。

総合的に



あくまでも自分の主観ですが
ココが一番のHOTエリアだと
自分は思っています。

季節によっては限定的になるかも
しれませんが、

必ずバスは居そうな雰囲気が
常にありますよ。

ただ、今年はちょっと厳しいような~

5-1.JPG

楽しく安全なエリアなだけに
その分、アングラーさんも
沢山集まるから
キャストできるポイントが
あるかどうかが問題です。

他にも川幅が狭いので
早朝からは競技ボートの練習場に
なっていますから、
トラブルには注意してください。

目の前を一生懸命に
漕いでいるボートマンが
無数にいます!

とはいえ、
唐橋があるお陰で
簡単に対岸に移動もできますし

自動販売機なども近くにあり
「釣りし易い」ですよ!

浮島を移動しつつ
数釣りに集中するか!?

深場をジックリ攻めるのか?!

それはアナタ次第です。
さて、皆さんなら、
どんな攻め方をされるのでしょうか?


次回は「名神高速上流流側」になります!

瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) [紹介]
瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) 1
瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) 2
瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) 3
瀬田川バス釣りポイント紹介(陸っぱり) 4
Sponsored Link








にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック