ベイトリールのメンテナンスに使えるグリス(100円均一の商品)



何気に大変なのは

「リールのメンテナンス」

30.jpg

皆さんはどんな方法で
どの程度の間隔で
されているでしょうか?

リールに対しては
人それぞれ考え方があるでしょうし、

人によっては
毎釣行ごとにメンテナンスされてたり
1年に一回と決めてられたり。

そんな自分は
結構、ずぼらなので・・・
どうしたら楽が出来るのか
そんな事をいつも考えています。

INA70.jpg

ですが今、メインで使っている

DSC_5083.JPG

「13メタニウム」に搭載されている
マイクロモジュールギアって、
その効果を持続するのには

それなりのメンテナンスが必要らしいです。

参考資料(ソルト使用)



メインギアのグリスアップを
マメにした方が良いと思います。
構造上、
ボディ内部の水が抜けやすい構造になっており、
そのために防錆性能がUPしたと思われるのですが・・・

これは裏を返せば、
中に水が浸入しやすいという事でもあります。

使用後にシャワーを掛けてから分解してみると、
見事なまでに中に水が入りまくっています。

それによって塩を抜くから良いのですが、
一緒にグリスも流れ出してしまうのは避けられません。
そんなわけで、数か月も使用すると巻上げ時の
ゴリゴリ感が出てきてしまうように思います。

ただしメイン&ピニオンギアを
ちょっとグリスアップするだけで
劇的に改善しますので、
ギア摩耗というより単にグリス切れなのだと考えています。

まあ、やはりソルトで使うのは
ある程度面倒がつきものという事でしょうか・・・。
-DEEP STREAM様抜粋-


実際に自分でも確かめてみたのですけど
釣行直後のベイトリールの内部は?!
(以前の記事)

一日置いても
これだけの水滴がリール内に
残っているんですよ!

Sponsored Link









実感



たしかに、メンテナンス(清掃・脱脂)をしてから
5回ほど釣行に行きましたが
ちょっと、ギアの噛み合う感じが
ハンドルに伝わってくるように
なってきました。

折角の高性能リール。
そしてマイクロモジュールという

30.jpg

特殊な機構なんですから
最大限に利用したいですよね!

そこで、メンテナンスが
ある程度、マメに必要なのかと思います。

方法



メンテナンスですから、
一番に思いつくのは

「完全分解」



これが一番確実で安心感も
ありますが・・・

やっぱり、ちょっと邪魔臭い。
約一時間弱ぐらいですけど・・・

そうなると、
もっと簡単にメンテナンス?!できるのは

20.jpg
シマノ リールメンテスプレー SP-003H

ダイワ(Daiwa) リールガードスプレーセット

スプレー式
なのではないでしょうか?
ワザワザ、リールを分解しなくとも

image07.JPG

メインギアの近くに
その為だけに開けられたであろう
「穴」まであるのですから~
そこから
スプレーするだけで
メインギアなどに
「注油」できて、まさに・・

簡単メンテナンス!


ずぼらな自分には持って来い!
これなら毎釣行前に
すぐに出来ますよね!

そんな便利なケミカルですけど・・・

高くね?!

って事で
なにか代用品を探していたんですけど
見つけちゃいました!

恐るべしダイソー



安いものを探すなら
まずは行くべき、

10.jpg

「ダイソー」です!
まぁ~家族の買い物のついでがあったので
「さすがに、売ってないよね~」
なんて工具コーナーに
いってみたら・・・

image06.JPG

有りました!!
驚いたんですけど、
本当にあるんですね!!

image03.JPG

しかも、本当か嘘かは
別にして、

「高粘度」
「水に強い」
「高寿命」


まじか・・・(汗

って事でとにかく内容物を確認。

image05.JPG

image04.JPG

確かに・・グリスが噴射されています。
噴射直後は白いグリスなんですが

指で伸ばしていくと
透明になるので、見た目的に
リールを汚さないのかもしれません。

真っ黒のグリスって
効果があっても、見た目的に
なぜか汚れた気分になりますから。

効果



実際にスプレーしてみたんですけど、

使用前に比べて
ギア噛みの抵抗は感じなくなったのは
「事実」です。

もちろん、100円均一の製品を
煽てる訳でもなく、
率直な感想です。

多少なりともグリスとしての
潤滑の効果はあるかと思います!

ただ・・・
どうしてもスプレー式ですし
どの程度ちゃんと

ギアに対して散布されているのか?!
その辺は不明瞭です。

まとめ



高級なリールに対して
安物のケミカルを使うのは
どうなんでしょうか?と
思う節もありますけど、

ちゃんと性能があるのであれば
100均だとしても
問題はないですし
出来るだけ簡略化したい部分ですよね~

リールは模型ではないので
魚を釣るための道具なんですから

リールって最低限の機能が使えれば
本当は問題ないんですけど・・


ただ、道具を大事に使う!
という点では、マメなメンテナンスは
重要でしょうし・・

結局はユーザーの考え方次第ですが
道具をどのように使うかなんてのも
考えてみると

また新しい楽しみが
見つかるかも知れませんね!!

image02.JPG

最終結論としては、

「ダイソーって本当に、なんでも
置いてあるのね・・・」

でした。

さぁ~釣りに出かけましょう~!

Sponsored Link








にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック