大津署 誤認職質パトカー避けたバイクポストに衝突 高校生けが

20.jpg

28日
午後10時半ごろ、
大津市玉野浦で、
大津署のパトカーが
対向車線を走ってきた
バイク2台の前方に停車したところ、

うち1台が避けようとして歩道上の
郵便ポストに衝突し
怪我を負ったとの事。

こういった事故は
後を絶ちませんね・・・。



詳細



大津市玉野浦の県道で、
原付きバイクが、
職務質問のため停車していた
パトカーを避けようとして、

左側の歩道にあった郵便ポストに衝突した。

バイクに乗っていた
大津市内の男子高校生(17)が
右肩打撲などの軽傷。

滋賀県警大津署は
パトカーの停止方法に問題が
なかったか調べている。

Sponsored Link








なぜ?!



 県警大津署によると、
同署の警部補が、暴走していた原付きバイク3台
捜すためパトカーで県道を北進していた際、
対向車線を南進してきた
原付きバイク2台を発見。
職務質問しようと、
センターラインを越えて対向車線に入り、
パトカーを停止したところ、
2台のうち、高校生が乗ったバイクが
歩道の郵便ポストに衝突したという。

 もう1台の原付きバイクも歩道に乗り上げたが、
乗っていた男性にけがはなかった。

10.jpg

2台とも暴走していたバイクとは別で、
他に違反行為は認められなかったという。
 
竹谷均・大津署副署長は 
指導を徹底し、再発防止に努める。との事。

個人的意見



詳細な状況が解らないので
なんとも言えませんが、
個人的な意見を言わせて貰うと

たしかに、誤認した警官にも
問題があったのは確かですが・・

原付バイクの制限速度は30km/h。
となれば

制動距離は
路面の状況(天候/舗装/傾斜)
タイヤの状況、自動車の重量、
ブレーキ構造により異なりますが
一般的な乾燥した傾斜の
無い舗装道路の場合、

制動距離(m)≦0.1x初速度(㎞/h)+0.006x初速度のべき乗(㎞/h)

の式が成り立つようなブレーキ技術基準となっています。
従って、
30㎞/h→8.4m以下
40㎞/h→13.6m以下
50㎞/h→20m以下
となります。

20.jpg

滋賀県の県道ということは
それなりに見通しも良いだろうと
推測できます。

もちろん対向車線の状況も
把握できるかと思います。

そんな中
対向車線に赤色灯を付けたパトカーを
認識できなかったとは思えません。

よっぽど急にUターンしてきたのなら
話は別ですが、

多分、それなりの余裕をもって
パトカーもUターンしていると思います
もしも、そうでなければ、

今回の事故をした2台の原付も
パトカーに「誤認」されるほどの
スピードを出していたか、
なんらかの違反をしていたと
推測できます。

もしも自分ならば
何も悪いことをしていなければ、
パトカーがUターンしようと
しているなら

減速し停止できるようにしていたはず。

記事だけ読めば、
「警官が無理をして怪我をさせた!」
という感じがしますが、

実際、どうだったのか・・

パトカーを避けて歩道に乗り入れる?!

多分、逃げようとしたんじゃね?!
そんな疑問も持ちつつ

今日も安全運転を心掛けようと
思う自分なのでした。

まぁ~
「若気の至り」って事で。

♪盗んだバイクで走り出す~♪

懐かしいです。

Sponsored Link








にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック