ブラックバスが釣れない時の思考を変えてみようと思う。

2.jpg

釣れないですね~。
釣れないんですよ・・

昨日もF氏が瀬田川に
挑戦したみたいですが
残念ながら。

本当に今年は難しい!?
厳しい釣果が続いています。

そんな時に
どうしたらよいのか?!
今後、どうするのか?!
を考えたいと思います。

経過



10.jpg

ここ数ヶ月、
ボウズが続いています。
瀬田川にしても
湖西にしても

満足のいく釣果にはなっていません。

勿論、釣り自体がヘタだというのも
あると思いますけど、
去年までの釣果からは
比較もできないぐらいです。

基本的には釣り方自体は
変わっていないんですけど
釣果が変わる。

これが自然の凄さ、
そして怖さだと思います。

変化



もしも自分が変わったとするなら
釣り方というか、

釣りの仕方が変わってしまった
のかもしれませんね。

chenge_21.JPG

道具も何気に上級機種に変わったり、
ルアーも沢山増えました。

特にルアーの種類に関しては
かなり豊富になってきています。

それが良いとか悪いとかと
いう事ではなく、
選択肢が増えすぎてしまったのかも。

選択肢



選択肢が増えるというのは
良い事だと思います。

バスプロのDVDや、
YOTUBEなんかを見ていても
上手い方は、

適材適所な使い方をして
色々なルアーで上手に釣られます。

DSC_6144.JPG

多分、知らぬ間に
そういった知識や考え方が
頭の中に入ってしまって

真似をしてしまう。

真似をするなら良いですけど
真似事をしてしまって
なんとなく、
使ってしまって貴重な時間を
無駄にしてしまったのではないのか。

そう思うようになりました。

使うルアーの良い部分を使いきれず
中途半端にキャストを繰り返す。
そして・・

釣れない。

そうなると
使わないツアーになる。

これが悪循環。
そして、それに似たルアーをまた
購入し、使い切れない
ルアーがどんどん増えていく。

chenge_24.JPG

やばいですよね。
使わないルアーは

フックや樹脂、塗装の
老朽化、錆びの
原因にもなりますから・・

Sponsored Link








ほかの原因は



さて・・
そんな原因を探りつつ
ほかにも考えたら
もしかすると
こんな事も原因?!

ダウンロード.png

動画を作成する上で大事なのは
やっぱり撮影です。

自分の釣りを撮影された方なら
解ると思うのですけど、

皆さんのように、
上手にバイトシーンだったり
釣り上げるシーンを撮影するのって

本当に大変!
凄い事なんですよね。

当たり前のように皆さんは
動画をアップロードされてるのは
ビックリ!ですね。

方法



釣り動画を撮影&アップするには

まず、カメラ等の機材の準備。
今では高性能で安価なカメラも
色々発売されてます

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5 Black -
【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO5


「SJCAM正規品」1080P防水 スポーツカメラ マリンスポーツやウインタースポーツに最適! バイクや自転車、カートや車に取り付け可能なスポーツカメラ HD動画対応 コンパクトカメラ SJ4000 (ホワイト) -
「SJCAM正規品」 HD動画対応 SJ4000


Panasonic ウェアラブルカメラ オレンジ HX-A1H-D -
Panasonic ウェアラブルカメラ オレンジ HX-A1H-D

Panasonic ウェアラブルカメラオプション ヘッドマウント VW-HMA1-K -
Panasonic ウェアラブルカメラマウント VW-HMA1-K

DV104 メガネ型ビデオカメラ 撮影 録画 防犯 microSDカード対応 -
DV104 メガネ型ビデオカメラ 撮影 録画 防犯

メガネ型なんて面白いかも~
釣りで使うには良いかも!

しかしどれをとっても
安いものでもありません。
それなりの気合いも必要なのかな。

そして、カメラがあったとしても
次に大事なのはヤッパリ

「撮影。」

タックル意外にも
カメラ、バッテリー、アクセサリーなど
色々準備が必要でしょ。

しかも
どんな方法で撮影するのか?
どれぐらいの時間を撮影するのか?

まぁ~色々と考えなくてはいけません。
勿論、youtubeにアップするなら

その後の編集の事も考えて
撮影しないと
使える映像は撮影できませんしね。

10.jpg

何気に大変です・・。

新たな問題



そうなってくると、
問題となるのは、

本当に釣りに集中出来ているのか?

って事だと思います。
釣り場でカメラを触っている時間が
増えれば増えるほど、

釣りをしている時間が減ります。

撮影の事を気にしすぎて
本当に釣る為のベストな
ポジション、タイミングで
キャストできているのか?

20.jpg

できてないでしょうね・・・
そんな事も
今年の釣果に多少なりとも

影響があるのでは?!
と最近は思い出しました。

最後に



しかし・・・
釣りというのは
難しい事ばかりでもなく、

偶然に一投目で釣れる人もいる。
いきなりロクマルを釣る人もいるでしょう

撮影している方が
釣果がアップする人もいるでしょうし

だからこそ
何が影響しているのか?!という事を
客観的に把握して

次からの釣行に
生かせるようになれば、

自然に釣果がアップしてくるはず。
そんな事を考えながら

夜の琵琶湖は
寒さが増してくるので
厳しくなると思いますけど

楽しみながら
また、瀬田川に向かいたいと思います!

さて、
晩秋から冬に掛けて
2016年の終盤。

どんな魚に出会えるのでしょう~
楽しみです!!

Sponsored Link








にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック