初心者がトレブル(トリプル)フックの勉強!知識として知っておこう!サイズや研ぎ方や交換など

10.jpg

どうしても放置しがちな
「フック」について

OWNER(オーナー) フック スティンガートリプルST-46 #6 -
OWNER フック スティンガートリプルST-46

【Micopuella】 トリプルフック トレブルフック 100本 セット (#4 6 8 10 ) 釣り針ラウンドベンド 釣り 釣具 ルアー (#8) -
【Micopuella】トレブルフック 100本(#4,6,8,10)

今までは
「なんでも良い」
「釣れるから大丈夫」
なんて思っていましたけど

このタイミングで
一度 勉強してみようと思います!



Sponsored Link








■正式な呼び方(名称)は?



そもそも、
この記事を書くまでは
「トリプルフック」
と言っていたのは内緒です。

10.jpg

どう見ても3本の針が付いてるので
トリプルフックと言ってしまうのも
仕方ないかと・・・

ですが、一般的には
「トレブルフック」
と呼ぶのが良いみたいです。

ただトレブルの意味が
3重のとか3倍の
といった意味なので
どちらでも間違いではないです。
早口で誤魔化してしまいましょう!

ただし玄人っぽく伝えたいなら
トレブルをお勧めしますよ。

米国ではトレブルフックという
事は多いので
日本のメディアも
トレブルという表現に
移ったそうです。

目次にもどる


■トレブルフックの歴史



10年ほど前までは
ダブルフックに
1本針が溶接された
物が一般的だったが、

現在では技術力が進み
シングルフックを3つ溶接した
構造になっている。

そんな事しってましたか?
釣りでの進化は
本当に凄いですね!

目次にもどる

■フックの形状



大きく分けて
フックの形状は

ストレート
と「ネムリ」 


と呼ばれる形状がある。

10.png
(省略的な図で申し訳ありません)

図の上部が「ストレート」
下部が「ネムリ」
となります。

ネムリとストレートの違いは
フッキング時のパワーの伝わり方に
違いがあります。

20.png

緑がライン。        
赤はフッキングパワーの向き。
(なぜ斜めに力が加わるかのか?
というと、青の部分に重さがある為に
重心バランスが斜め方向になります)

ストレートは針先が力の方向に対して
外を向いているので
小さなバイトでもヒットし易いが
力が加わり辛く貫通力が弱いため
フッキング後に貫通しにくい構造。

ネムリの形状の場合は
力の方向に対して
針先が内(同じ方向)を向いているので
ガッツリ飲み込んでくれないと
刺さり辛いという欠点があるが
フッキングの力がシッカリと針に伝わる為
針は貫通し易くなる。

この形状の場合、
針先への負担は少なく針が
伸び辛いというメリットもある。

この形状の違いで
貴重な一匹に触れるのか?
触れないのか?という違いになるので

自分がメインで狙う魚をイメージし
この2種類を使い分けていくべきである。

目次にもどる

■フックの重量



単純に
太軸フックは曲がり辛く、
細軸フックは曲がりやすい。

誰でも解ることでしょう。
琵琶湖でいうならば

「北湖」や「湖西」のビックバス。

サイズやバイトの強さを考えれば
細く弱い針を曲げてしまうため
大型の獲物を狙う時は必然的に
太軸フックを使用したい。

せっかくのバイトを
フックを曲げられて逃してしまう事も
余裕で考えられます。

フッキングの時に掛かるフックへの
負荷が想像以上であることを
理解してほしいです。

ただ、ここで問題になるのは
「フックは重くて太いほうが良い?!」
とはならないのも
難しい所だと思います。

重くなると
ルアーの動きに影響がでてきます。

20170105013707884.jpg

ルアーというのは
何gという微妙なバランスで
作製されているので、

仮にフローティングのルアーだと
重いとサスペンドになったりも
してしまいます。

そういった事も考慮しながら
フックを選ぶ必要があります。

目次にもどる

■フックの交換時期



ルアーフックの交換時期は
微妙なのだが
一般的な方法としては

40.jpg

ルアーの針先を爪に刺してみて
動かないなら大丈夫と言われます。

簡単に爪の上で滑るようだと
換え時だと思ったほうが良いかと。

数匹魚を釣ると針先は鈍ると
言われたりもしますが、
サンデーアングラーに
そこまで求めるのもどうかと。

目次にもどる

■素朴な疑問



30.jpg

ルアーのフックは
フックが大きすぎると
大きな魚じゃないと
釣れないのか?

フックはできるだけ小さめにしたほうが
釣れやすいのか?

と思ってしまいませんか?

20.jpg

ですが
ブラックバスは基本的に
口を大きく開けて水ごと
ルアーを吸い込むように捕食してきます。

ですので、バスの口に比べたら
ルアーのフックなんて、
気にするサイズではないと思います。

今までにも
馬鹿デカイサイズのフックにでも
コバスが釣れた事も多々ありますから!

それに、
ルアーの大きさに対してフックが小さいと、
フックを魚に曲げられたり、
かかりが浅すぎてすぐはずれたりします。

フックが小さいという事は
フックの強度もそれなりに低くなり
その小さいなりの魚にしか効力はありません。

最初からコバスをメインに
釣ろうと思っているのであれば、
当然、有効なセッティングだと思います。

目次にもどる

■さいごに



と。色々と書いてきましたが
こういうのは
人によって変わってくると思います。

同じブラックバスでも
場所、季節、狙うサイズ、釣り方。

すべてが人それぞれなのに
同じ方法で上手くいくはずが
無いからです。

よく・・・

「よく釣れるルアー」
「絶対に釣れるワーム」

なんて、考えられない内容を
見たり聞いたりしますけど

10.jpg

そんな馬鹿な・・・

ほんのちょっとした
状況・環境などで変わってくるはずです。

当然、このフックの話にしても同じですので
情報すべてを鵜呑みにしないで

自分の経験も踏まえたり、
同じ環境で釣りをしている方の
話を参考にしたりして
判断していってほしいと思います。

なんだか
矛盾している結論になりましたけど
それは本音だったりします。

ので、この記事は
あくまでも初心者の方の
参考や知識になればよいかな・・

といいつつ、
自分も知識を増やす勉強を
したりしてました。

さぁ~
釣具屋さんに

レッツゴー!

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック