冬専用ベイトリールを購入した!これで乗り切れるはず!

10.jpg

久しぶりに買っちゃったぜ!
ニューリール!!

誕生日を迎えて毎年恒例になる
F氏とのプレゼント交換!

そのタイミングで以前から
気になっていたリールを
購入してみました!

ただ・・・
2月に新発売される
SHIMANOのリールが
沢山、存在してますが

seta10.jpg

あえて・・・
自分はこのリールを購入したのです
明かされる、その理由とは!!

今回、購入したリールとは・・・


Sponsored Link








■シティカ



seta10.jpg

優れた耐久性と十分なラインキャパシティ。世界基準のバーサタイルモデルとして生まれたのが「シティカ」です。X-SHIP、S3Dスプール、SVS∞(インフィニティ)といった先進機構はもちろん、アルミフレームや超高強度真鍮大径ドライブギアを採用することによりスムーズさとタフさを両立。長きにわたり安心して使い込んでいただけます。ギア比は6.3のノーマルギア、7.2のハイギアの2種類を設定。コンパクトでパーミング性にも優れ、タックルシステムの中枢として活躍するモデルです。


技術性能



seta20.jpg

スペック



seta30.jpg

今回購入したのは
「201HG」になります。

目次にもどる

■個人的イメージ



以前からスコーピオンシリーズは
なぜか好んで使っていたので、

スコーピオンの兄弟機であるこの
「シティカ」は以前から気になっていた
リールだったのです。

上記にも載せましたが
基本性能は、

seta10.jpg

スコーピオン201
となんら代わりがありません。

当然、クラドと比較しても
なんら代わりがありません。

なら、この3台を比較するなら
違いとしては
「ベアリングの数」
そして「ボディカラー」ぐらいだと思います。

そんな三台の使い分けなんて
なかなか出来ないのではないでしょうか?

一応、厳密に言えば
微妙に「ギア比」の設定が
違いますね。

目次にもどる

■購入経緯



今、メインに使っているリールが
「13メタニウム」
「15クロナーク」
の二台なんですけども、

20170105013834186.jpg

基本的に冬に使うルアーは
「ディープクランク」
だけなんですよね・・・。

となれば、
オカッパリから
ディープクランクを
投げるとすれば・・・

遠投が必要になります。

もちろん、
そうでなくとも釣れる時は
釣れますけどね・・
基本的にって話です。

そんな時に気になったのは・・

seta10.jpg

スプールの幅です。

14スコーピオン 25mm    
14シティカ   25mm
15クロナーク  22mm
13メタニウム  22mm

となっていますが、
シマノの場合、基本的には

機種名の後に、

「150」だったり 
「200」だったりの
番号が付きます。

解りやすく言えば、
糸巻き量
考えて頂ければよいかと。

数字が多くなればなるほど、
スプールの幅が広くなり、
その分、
多く糸が巻けるようになります。

それが何を意味しているか?!

目次にもどる

■糸の放出量



仮に40m ルアーを投げたとします。
すると、ルアーによって放出されていく
ラインが、どんどん減っていき

スプールの外径を短くしていきます。

seta30.jpg

さて・・ちょっと算数?
物理的な話になりますが

2.jpg
疑似餌探索日記:ベイトキャスティングリールのスプール径について参考

という事ですから
単純に、

外径が大きいほうが
軽い力で放出できる!


のですよ。
はい!単純にこれだけの理由です。

スプールの幅が広ければ
ラインが放出された後も、
外径が小さくならなくて
済むわけなんですよね!

実際に、同じラインを
巻きつけた

クロナークとスコーピオンを
遠投したときは

クロナークだと、半分ぐらい
ラインが放出されるのに対して

スコーピオンだと
2/3ぐらいで済むんです。

正確に測った訳ではないのですが
目視の様子だと
単純に 5~8mは飛距離が
変わっていると思います。

1.jpg

このスプールの外径以外にも
遠投に関しては

スプールの重量や
ベアリングだったり
レベルワインドだったり、
ロッドに
キャストの仕方

などなど、色々な要素が
絡み合ってくるのは
今は 見て見ぬ振りをします。

目次にもどる

■カスタム予定



このリールは
大事に丁寧に使う予定はありません。

冬にディープクランクを
投げては巻く、投げては巻く。
ただそれだけの為の

ハードユースでのリールです。

なので・・・

seta20.jpg

魔改造をしていく予定なんです。
漠然と高級パーツを導入するのではなく

必要なものだけを
インストールしてみようと!
まずは、

1)ベアリングを高回転タイプに交換。

2)SVSブレーキユニットを研磨して
軽量化。

3)スプールに穴をあけて
スプール重量を軽量に。

4)ハンドルを軽量化もしたい。

5)レベルワインドをメガホンタイプに
交換したいと思っています。

少しでも
イージーに重いルアー(1oz前後)を
遠くに飛ばせられるように!

そんな想いと「好奇心」とを
満足させてくれるリールに
なるでしょうね~!!

目次にもどる

■最後に



タイミングよくオークションで
購入する事が出来ましたが、

実際、手にとってみて
どんなリールなのか・・

setachannel34.JPG
【注意】中古ベイトリールの選び方・購入の薦め

こちらでも
記事にアップしているように
なんらかの問題があるかもしれないし
極上品なのかもしれないし

それが中古の楽しみですしね~
これから少しずつ
やっていくとします!!

そんな楽しみ方もあるんですよ~
なんでも
楽しんだもの勝ちです!

さあ~冬バス釣っちゃうぞぉ~!

目次にもどる

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ



この記事へのコメント

  • Lwing

    私のつたない記事を引用いただきありがとうございましたm(_ _)m
    釣りは実際に釣っているときはもちろん、道具をいじって妄想を膨らませているときも楽しいものですね^^)

    いや、むしろ道具いじりながらの妄想の方が楽しいかもww
    2017年02月01日 14:08
  • ヨウロウ

    >Lwingさん

    いえいえ~
    自分の妄想とあまりにもジャストヒットしましたので
    引用依頼をさせて頂きました。
    本当に、何をしても楽しいのが釣りっですし
    趣味って最高ですね~

    これからも宜しくお願いします!
    LINK有難うございます!
    2017年02月10日 10:49

この記事へのトラックバック