琵琶湖湖西釣行 早春のボート釣行の結果報告 170320

さて!!

先日の「春分の日」である
日曜日に湖西に行ってきました。

もう引張るのも嫌ですから
先に釣果を報告しておきます。

釣果は・・・

1490070063w_FrQaWISNYXSq21490069007.gif

「釣れるかぁ~~」

って事で予想通りの
「ボウズ」となりました。
それでも記録として
記事にしておきます!

■もくじ


 ▶出発
 ▶出航
 ▶朝一
 ▶急変
 ▶収竿
 ▶感想


Sponsored Link








■出発



待ちに待った          
2017年の一発目のボート釣行!
師匠にお願いをして、      

実現した湖西なんですけど、
当初から師匠にも     

「まだ季節的に早いから
かなり厳しいと思うよ」
と聞かされていました。

それでも師匠は         
事前にプラもしてもらっていて  
「出来る限りの事はやってみる!」

setachannel4.jpg

といつものテンションで自分の  
気持ちも上げてくれる熱い方です。

自分としても昼間には     
家族と買い物を済ませて    
準備万端で、深夜の2時に出発。

setachannel10.JPG

驚くほどのガラ空きな道路。 
皆さん連休ですから     
遠出されているのでしょうか?

ほぼブレーキを踏むことなく?!
現地に到着。後は       
朝が来るまで仮眠を取ります。 

ZZZZzzzz

眠りに入ってから
暫くすると、  
ガサガサと音が。

なに?!
と起きてみると・・・

setachannel6.JPG

ゴムボートを準備し 
暗い中、早々と湖上に
出航されました!! 

皆さん、楽しまれて
いるんだなぁ~と、
ホックリしながら 

再び仮眠。

そして・・・
激闘の朝を迎えます!

目次にもどる

■出航



そして朝の7時に師匠と合流。 
2017年も初顔合わせですから
挨拶も早々に、出航の準備をして

setachannel21.JPG

湖上にでました!! 
いつきても、    
そんな時でも    

気持ちの良い琵琶湖の湖上。

春にしては天気もよくて
風が心配でしたが、  
アサイチは良い感じ。 

雰囲気的にも・・   
何かが起きそうな予感。

20170320145742840.jpg

これは!!
期待できそうだ!!


と勝手に思っていました。

目次にもどる

■アサイチ



どんな季節でもアサイチは
期待が膨らみますよね! 

特に天気が良くて太陽も    
出ているので気温・水温ともに 
アップしてくれると、     
尚更良いのですから!     

朝一番では水温は9度前後。  
もう少し水温が上がれば    
シャローの展開も見えてきそう。

とにかく、師匠のプラの様子から
沖にでる事になりました。   

20170320143458871.jpg

沖には、すでに3艇ほどのボート。
皆さん腰をすえてジックリな   
展開をされているようです。   

かといって       
我々は相変わらずの展開。
勿論・・・       

setachannel36.JPG

クランクだがやぁ~!

って事でエリア移動しながら

ドンドン 投げ続けます。 
6m以上のディープエリア 
3mぐらいのミドルエリア。

とにかくクランクで取りたい!
と頑張ったのですけど・・・

反応はなし。

季節的(水温など)にまだまだ    
シャローには上がって来てないだろうし
ディープエリアでポツポツ。     

元気に動くものを捕食している    
様子ではないんだろ~なぁ~というのが
師匠の判断でした。         

目次にもどる

■苦肉の策



とはいえ・・・         
師匠としても気を使ってもらい  
あるエリアで「撃ち物」にも挑戦。

setachannel26.JPG

そこはプラもして頂いた
師匠の判断ですから、 

直リグをセット。

自分は「ブルフラット」で   
スパイラルフォールに期待しつつ
何度も落としていきます。   

勝手なイメージで
「湖北(深場)ではブルフラット」
と思っている私(汗

とはいえ・・・      
いつも巻いている自分達には
なかなか間が持たずに   

自分は、
エレキの練習などもさせて貰って
師匠はちょっと、くつろぎモード。

そんな感じで
奇跡を待ちます。

setachannel9.JPG

「が」

そんな都合良く        
釣れる筈もないんですよね・・・

目次にもどる

■急変



とにかく水温が10度を超えるまで
暫く待機しよう!という作戦。  

そして時間が12時に近づき始めると
急に風が吹き始めます。      

setachannel2.jpg

これは・・・ 
予想外な展開。

湖面が波立ち、     
風も冷たく、      
どんどん、水温も下がる。

良くない方向に向いてきます。

ただ、この風も魚にしてみたら
「変化」となるのか?    
とにかく、クランクに持ち替え

キャストを続けます。

しかし状況がより悪化。
ボートに立つのも、  
ちょっと不安定になり 

雰囲気がわるい。     
釣れそうな予感がしません。

そして・・

目次にもどる

■収竿



とにかく状況的に       
厳しくなったので       
ここで判断しないと行けません。

「このまま無理して続けるのか」
「危険を回避して終わるのか」 

といってもすぐには   
判断できない事もあって 
様子を見る為にも    
一度、トイレ休憩に陸に。

setachannel5.jpg

そして遠目に湖面をみて
二人で判断しました。 

「収竿」
ですね・・。

釣りは自然との闘いですから
仕方がないんです。    
プロでも無いし      
趣味の範囲ですから、   

無理は禁物!

一休みしてお片づけ。
しかし、精神的にやられてたのか

setachannel27.JPG

長靴ごと水没      
ボートから降りる時に  
力が入らず、そのまま  
「入水」
なかなかのドジ振りに  
一人で苦笑いしてました。

オッチャンには 
なりたくない・・

目次にもどる

■感想



残念ながら・・・     
今回は湖西バスに触れる事は
出来ませんでしたが、   

これは、これで。
「釣れない時こそ、得るものを。」
単に釣れないから
残念だったわ~ 
ではなくて、  

何故 釣れなかったのか?
どうしたら釣れるのか? 

って考えを変えていけば  
ボウズだから面白くない。 
なんて事はありませんから。

そうです!!

setachannel10.jpg

ぽじてぃ~ぶ!

そんな考えを持ちつつも 
次の釣行に期待をしたいと
思いますし、      

今回、得た経験を
生かせたら   
最高ですよね~ 

頑張りたいと思います。
湖西の凄っごいバスに 
会いたいです!    

目次にもどる

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック