今週の釣行は瀬田ではなくて・・・でも投げてきましたよ!

setachannel4.JPG

警察が去り行くのを
何故か隠れて見てしまうのは・・
習性なのか、過去の記憶からなのか

そんなことは良いとして、
今週は瀬田川の釣行ではなく、
京都の某河川に行ってきました。

夜に行く、初めての場所は・・・
怖かったです。

野暮用



今週の火曜の夜は
いつも、お世話になっている方から

setachannel8.JPG

フットサルの助っ人の依頼が
有りましたので22:00から
2時間、フットサルを楽しんできました。

その後、F氏と連絡をとって
瀬田に行こうと思っていたのですが、

setachannel10.jpg
名神集中工事

でしたので
した道で現地にいくには一時間。
到着したら 深夜の1:00。
さすがに厳しいですし

F氏に電話をしてみると
「ギルのアタリがある程度」
との事でしたので

あえて、いつもと違う場所の
京都の某河川に単独釣行に
行くことにしました。

夜の雰囲気



setachannel1.JPG

太陽が出ている明るい時には
何度も行っている場所なんですけど
夜に行くと・・・

結構 雰囲気も違って
怖いですよね。

足元もフラツキますし、
照明もあまり照らしすぎて
歩き回ると

魚の警戒感も増すでしょうし
出来る限り照明を抑えて
移動します。

とりあえずキャストできる
場所にまで移動が出来たので
あらかじめ来るまで

リグっておいたタックルで
勝負を開始します。

バスでなくとも



何気に情報にて釣果を見ていると
「鯰でも良いかも・・」
なんて思いながら

O.S.P(オーエスピー) ルアー ハイピッチャー 3/8oz TW ST17 スパークアイスシャッド -
O.S.P ハイピッチャー 3/8oz

をキャストしていきます。

場所としてはキャストしやすいので
広範囲にルアーを流していくのですが、
なかなか反応が・・・

移動したいのですけど、
基本的に、誰も手入れを
していない場所なだけに、

10.jpg

雑草がボウボウで移動できません・・・
それは仕方ないし夜で真っ暗ですから
無理もしないようにして、
とりあえず、キャストを続けます。

仕方なく



風も強くて真っ暗で・・・
怖いですから、

勝負をしようとおもい、

ゲーリーの「ヤマセンコー」を
ノーシンカーでキャスト。

まぁ~20mぐらいなら
ブラックレーベルのコンボジットと
13メタニウムで十分キャスト
できます。

最後の最後に



移動できず一人だという条件なら
この釣りも十分成立しますね。

瀬田川のようなオープンで
綺麗な護岸があるなら
移動しないのは勿体無いですけどね

ということで
スマホをしながら

チョンチョン、
ツンツン、

しつつ・・・
どんなものでも良いから
反応があるのを待ちます。

そして、
そろそろ時間的にも
終わろうかと、

完全にルアーを放置して
ソロソロ回収しようかと
確認してみたら・・

キタ!!

グングン!と
ラインを引張ってきます。
ここは大事に様子を見つつ

反応を再確認。

グングンと確実に
生命反応が!!

無題.png

フルフッキングぅぅ~!

よっしゃ~~

もう久しぶりの魚だもんで
超興奮!!!

F氏の悔しい顔も思い出しながら
寄せてこようと思ったら

ガチっ

え?

なに?

暫く色々してみるが
何かに引っ掛かっている様子

仕方ないので
ライトを水面に当てて
状況を確認してみたら

実は人工物のブロックに穴が開いていて
その中にルアーが入ってみたらしく
完全に引っ掛かってしまったみたい。

夜ならではの アルアルな感じ。

どうしようもないので
力を入れていって
なんとか抜けないか?!と
思ったんですが

あえなくラインブレイク。

ヤバイよ



本当に今年は、やることなすこと
裏目、裏目になっているような。

悲しみの中
F氏に瀬田川の調子を聞いてみたら

驚きの釣果が!!

それは またブログにアップしますが
もしも自分が瀬田にいっていたら・・
なんて事を思いながら

setachannel7.JPG

寂しく帰宅するわけなんです。
もう何度も経験しているので
怖いかな慣れてきてますけどね

と、そんな帰り道に

setachannel4.JPG

パトカーにしては珍しく
右後方のブレーキランプが
切れて点灯してませんでした。

完全に整備不良ですよ!!

そんなどうでも良い事は
すぐに見つけられるのにぃ~

ブラックバスは
まだまだ見つけられそうに
ありません。

誰か、助けてぇ~!

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック