キャストの回数が釣果に影響するのか?

setachannel3_1.JPG

バス釣りを始めた頃に
聞いた事のある言葉の中に

「少しでも多くの時間
水の中にルアーを入れる事」


確かに、水の中にルアーが無ければ
絶対に魚は水の中でしか
喰わないのですから。

当たり前の事なんですけど、
以外に出来てなかったり
効率が悪かったり。

そんな事を考えながら
ちょっと「F氏」を盗撮してみました


Sponsored Link








■ 1 動画です



といっても、基本的に真っ暗
夜って怖いんですね・・

setachannel10.jpg

そんな状況でも、とりあえず
説得力をアップさせるために
撮影してみたのです。



・・・・・・・

・・・・・・

・・・・・

・・・

・・

setachannel20.jpg

「このOゲー!!」
「なにも見えないじゃないか!」
「これ以上私の心を傷つけるなぁ!」

なにも見えないならぁ~♪
アップするんじゃ~ないよぉ~♪
意味がないだろぉ~♪

と、予定通りこんな感じの動画に
なってしまった事を
深く反省している所存でございます。

離党だけではなく、
議員辞職して責任を取らせて
頂きます。

目次にもどる

■ 2 ワンキャスト2分



この動画の結果から言えば、
「ワンキャスト2分
となりました。

F氏のリグとしては
ライトシンカー(5g)ダウンショットの
ミドスト風です。

この春は、このリグで素晴らしい釣果を
叩き出しているF氏なので
参考になるはずなんです。

結果からいえば、
キャストしてから、フォール。
スローにリーリングしつつ
巻いていきます。

当然ライトなリグなので
繊細なロッドワークが必要で
自分には厳しい感じ。

それで釣果がでているF氏は
「スゴイ!」
これだけ褒めれば何かくれるでしょう

冗談はさておき、
ワンキャストにつき2分という事は
回収して再びキャストするまで

ざっと・・・
「2分半」ぐらいになるでしょうか?
となれば、一時間投げ続ければ

「24回」
キャストできる事になります。
この24回が多いか?!
少ないのかは、解りませんが

もしも、全部のキャストで
バスが釣れたとしたら、
24匹釣れることになりますが、

常識的にそんな事はないですね。

最近の瀬田川だと、
1時間に1匹釣れたら
良い釣果と感じますので

1/24となり、
解り難いので野球の打率で言えば
「0割4分2厘」
となります。

setachannel10.jpg

私が60歳でも打てる数字ですね

とニッチローにも怒られそうな
数字となるんです。
ですが、バス釣りとなると、
良い確率となるんですね。

目次にもどる

■ 3 確立を上げる



だったら釣れる様に確立を
上げる事を考えたほうが良さそうです。

某プロが述べている
とにかくロングキャストして長い距離を引いてくる方がいいという勘違いもあるな~ バズベイトやスピナーベイトなんかの巻き物系のルアーを使うときに、喰わせどころを意識せずに、ただ投げて、ただ巻いている人があまりにも多い気がするねんなぁ~ 
番組を見てくれた人はわかってくれると思うけど、あのときはかなりショートキャストで釣っていたよね。
バンクの変化やブッシュ、偏光グラス越しに見えるグラスパッチやブレイクラインなど、ココっという喰わせる点を意識して、その通すコースを引けるように正確にショートキャスト。そしてストライクゾーンを過ぎたらすばやくピックアップ、という流れやね。
こうやってストライクゾーンを意識した、ショートキャスト&スピーディーなピックアップという釣りをしていけば、1日という時間で考えると、ロングキャストでダラダラ巻いてくるよりも何十投かは多くキャストできる。

参考 http://www.evergreen-fishing.com/cyouka/bass/m_shimizu/5375_20120621.html

という考え方も大事かも。
要するにキャストの数を増やして
確立をアップする方法。

これが一番 簡単なんだと
自分は思います。

所詮、オッサンサンデーアングラーです。
必死に練習したとして、
凄くキャストが上手になって、

ピンポイントにルアーをキャスト
出来るようになったからといって
その技術を体感できるほどの
シビアな環境に居るわけでは
ないのですから。

目次にもどる

■ 4 トータルで考える



そうなったときに、
サンデーアングラー。
しかも、夜という時間。
次の日の朝から仕事と
いうのも考えていけば、

ある程度、絞った釣りの方が
確立は上がってくるのでは?

というのが最近の自分の考えです。
平日の夜の3~4時間を
どれだけ、有効に使うかが
釣果に繋がるのでは?

setachannel7.JPG

キャストの回数を多くして誘う。
回数を減らしてジックリ誘う。 

どちらにしても、
自分が、どんな釣りをしたいのか?
その釣りに対して、どんなルアーを
チョイスするのか?

限られた時間をトータルで考え
ルアーやタックルをチョイスし
状況に応じて、選択していけば

おのずと釣果もでるのかな?
なんて難しい事も
たまには 考えているのです!

目次にもどる

■ 5 最後に



今の瀬田川 いや琵琶湖の状況。
日々、オカッパリアングラーに
とっては悩ましいでしょうが、

何か軸となる自分の釣り方を
確立された方が、安定して釣果を
上げているように思えます。

setachannel12.jpg

実際、F氏は
ライト系な釣りにて
釣果をキッチリだしてますし
安定のライトダウンショットです。

ナチュラルな誘いが吉。
という感じでしょうか?

梅雨に入って
ハイシーズンになって来ているのですから
自分の展開としては

もっと早く探れるルアーを
チョイスしても良いのかも。

まぁ~釣れないのが当然だと
思っていますから、
気は楽なんですけど

やっぱり釣りたいなぁ~

いっそ、
エリアを大きく変更してみようかな
いやぁ悩ましいですな!

目次にもどる

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック