スタンドアップパドルボードから転落。66歳男性が琵琶湖で溺死。

10.jpg

この季節に残念なニュースです。

立ちこぎ用のボードで湖に出ていた男性が
意識不明で浮かんでいるのを見つけた。
病院へ運ばれたが、死亡が確認された。
同署は、ボードから転落して溺れたとみている。

との事でした。
水温13度の琵琶湖は
どんな感じなのでしょうか・・

詳細



6日午後8時15分頃、
滋賀県彦根市新海町の琵琶湖岸で、
立ちこぎ用のボード
(スタンドアップパドルボード)で
湖に出ていた無職66才男性が
意識不明で浮かんでいるのを
県警彦根署員が見つけた。

病院へ運ばれたが、死亡が確認
同署は、ボードから転落して溺れたとみている。
発表では、同日午後2時頃、
現場近くのスポーツショップでボードを借り、
1人で湖に出た。

午後5時過ぎになっても戻らないため、
店が県警に通報していた。
発見時、救命胴衣を身に着けていた。

との事でした。

推測ですが、



救命胴衣も付けてられたのに
残念な結果になってしまいました。

多分・・・
年齢から考えるに、
低水温の琵琶湖に対して
体力が追いつかず、

ボートに登ることが出来なかった?
転落時に心肺系に何かが起きたのか?

なんにしても推測の域なんですけど
やはり、一人で琵琶湖のレジャーは
危険であるのは間違いないですね。

スタンドアップパドルボードとは



最近、よく見聞きするようになった
スタンドアップパドルボードですが、

20.jpg

スタンドアップパドルボードは通常のサーフボードよりも大きめに設計されていて安定性があり、初心者でも比較的簡単にサーフィンを楽しむことができます。またスタンドアップパドルボード(SUP)では、パドルでバランスを取りながら波乗りを楽しむことができます。波の立っているポイントまでパドルで漕いでいけるのもスタンドアップパドルボードならではの特徴です。

という事ですね!
最近では、このボートの上で
ストレッチや筋肉トレーニングを
行うことによって、バランス感覚や
体幹も鍛えられるという事です。

しかも、使い方次第では

30.jpg

釣りも出来てしまうという
優れものなんですよね。

危険性



というのも含みで考えても
スタンドアップパドルボードは
楽しいものだと思います。

このニュースによって、
「危険」な遊びだという
誤認報道にならなければ
よいのですけどね・・・。

一人だったこと、
低水温だったこと
高齢だったことなど

複数の要因が重なってしまいましたね
とても残念なのですが、

こういったニュースを見聞きして
しっかりと内容を認識して
なんでもかんでも、
駄目、危ない!
とならないように気をつけたいですね。

今の世の中は
すぐに閉鎖的な考えになってしまい
チャレンジの精神がなくなってしまって
いるように思います。

挑戦する事を
私は大事にしたいですね!

御冥福をお祈りしております。

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ


この記事へのコメント