Amazon カスタムヘッドライト ポジションライト付 アドレスV125 中華製インプレッションと問題点

修理の準備として用意したのは

setachannel76.JPG

Amazon で購入した
カスタムヘッドライト ポジションライト付 アドレスV125
になります。

格安だったので中華製と理解して
購入しました。

この「理解」というのは
人によって千差万別でしょうから
少しでも人柱的にインプレッションできれば
よいかなぁ~っと思っています。

購入の参考にしてみてください!




Sponsored Link








■ 1 購入



修理に関して通勤につかうバイクです。
なので出来る限り早く修理したいのもあり
「Amaozon」を利用する事にしました。
購入が確定(振込み)してから
遅くとも2日で届くのは魅力です。

そして、色々ある適合品の中から選んだのは

カスタムヘッドライト ポジションライト付 アドレスV125 -
カスタムヘッドライト ポジションライト付 アドレスV125

となります。
選んだ理由としては
単に「安かったから」です。

それ以上も、それ以下もありません。
ただ、以前に購入された皆さんの
インプレッションは、確認しつつ

悪い意見もありましたが
良い意見もあり、全体的には
「良い」の方が多かったのもあり
購入を決定しました。

目次にもどる

■ 2 開封インプレッション



予定通りに注文後、2日で到着。
早速、中身を見てみると

setachannel81.JPG

setachannel44.JPG

見た目は なんら問題ないですし
純正に比べ、
「ポジションライト付き」ということで
T10バルブが上部両側に付いています。

とはいえ、購入者さんの意見を聞くと、
すぐに切れて点かなくなるそうです。
なので自分は最初から外す予定。

後、純正のライトバルブは
「H12」という、ちょっと変わった
規格なのですが、

今回のこのライトは「H4」規格で
一般的ですし、なにより

Street Cat 改良鍍金版 H4 バイク用ledヘッドライト 12V-80V 20W 対応 Hi/Lo切替 M4 冷却ファン内蔵 -
Street Cat 改良鍍金版 H4 バイク用ledヘッドライト 12V-80V 20W 対応 Hi/Lo切替 M4 冷却ファン内蔵

LEDへの変更も容易になりそうですね!
中華製のライトバルブですから、
いつ切れて使えなくなるのか
解りませんから、準備はしておきたい所。

そして、この時点での問題点は

目次にもどる

■ 3 必ず加工が必要です



勿論、アマゾンのレビューにも
記載がありましたが

「純正バイクにポン付けは出来ません!」
との事でしたが、意味が解りました。

setachannel60.JPG

コネクターの形状が純正とは
違うんですよね!
普通に考えても、ポジションが
内臓されているので、そのライトの
+(プラス)の配線が必要な訳で。

なので取り付けして点灯するには
必ず加工が必要になりました。
方法としては

1)配線を直結して絶縁テープを巻く。
2)購入したライトのコネクターにあう
  ものを購入する。        
3)全く新しいコネクターを購入し  
  車両側とライト側の両方を    
  交換する。           


という事で、一番楽だと思った
(3)
を選択しました。時間的にも一番早く
入手できる方法でしょうし。

ということで・・・

setachannel80.JPG

早速 オートバックスにて購入。
268円で買えました。

元々、ラジコンを趣味としていた
自分としては、特に問題も無く
配線ができましたが、
全く経験がないとチョット苦労するかも。

カシメとかも必要ですからね。
ペンチが必要になります。


ですが、ポジションを利用しない
自分としては一番ベターな
選択だっと思っています。

目次にもどる

■ 4 問題点1



アマゾンのレビューにも書いてあった
一番の問題点。

ライトだけの問題でもないとは
思うのですが・・・
その問題点というのは

setachannel37.JPG

スケスケ
こんな水着をGALが着ていたら
嬉しいんですけど、ライトのカウルでは
最悪ですよね・・・。

レビューを見ていると
「アルミテープを裏から張った」
「ボヤッと光って綺麗だからそのまま」
など対処は色々なんですけど。

自分としては・・・
そのままでは
駄目!絶対!!

昔、ラジコンの電飾でも
LEDが透けている車を見ましたが
格好いいとは言えませんでしたから。

目次にもどる

■ 5 透けるカウルの対処



という事で対処していきます。
100均一でマスキングテープを
用意しカウルに貼り付けます。

setachannel33.JPG

setachannel38.JPG

こんな感じで 少しは裏側も
巻き込む感じにしておきました。

そして最終的には

setachannel34.JPG

setachannel56.JPG

表面全てにマスキングを済ませ
裏側だけを残してあります。
勘の良い方なら解ると思いますが、

setachannel87.JPG

裏側にスプレーを吹きます!
このスプレーも100均で購入。
安くても、コレぐらいの範囲なら
十分ですよ!!

ただ注意して欲しいのは
最初はシルバーから塗装します。
イキナリ、黒を塗装すると
折角の綺麗な白いカウルが
くすんだ色に見えるからです。

setachannel77.JPG

最初にシルバーを塗装して、
シッカリ乾燥させてから

setachannel14.JPG

ブラックで
裏打ちを吹いて完成です。

これなら、発色もよく
色透けもしません!

実際に、比較してみると、

setachannel37.JPG

なにもしなければ
これぐらい、透けていますが
裏打ちを塗装すると

setachannel2.JPG

全く透けなくなりました。
先走りますが、実際に完成した状態は

setachannel5.JPG

こうなりました。
全く透けていませんよね!

目次にもどる

■ 6 問題点2



これも問題点なんですが
実際の走行には直接関係ないですし
人によっては気にもならないかも
しれません。

でも、私は無理でした。

setachannel49.JPG

仮合わせで発覚した、
この状況・・・
なにが問題か解りますか?

「隙間」


なんです。
ライトユニットとカウルの間の
隙間が半端なく空いています。

実際に計測していませんが、
7mmぐらいは合ったように
思いました。

こんなにも空いていると
雨が降った時に浸水して
配線に影響があったり、
するのではないか?!

それぐらいのレベルで隙間が。

ただ、他のスクーターをみてみると
それなりに隙間があったりもします。

何が正解かは解らないのですが
自分は見た目的に嫌なので
これも対策をしたいと思います。

目次にもどる

■ 7 ライトの隙間対策



一番簡単なのは
「隙間をテープを貼って塞ぐ。」
という事でしょうが・・・
なんとなく見た目的に良くない。

なので、隙間を埋める方法として

「パテ」も考えましたが
可動する部分でもあるので

やはり・・・

setachannel66.JPG

「隙間テープぅ」(ドラえもん風)
というチョイスになりますね。
とはいえ、一般的なスポンジでは
腐敗して悲惨な事になりそうなので

今回はゴム製の隙間テープを
チョイスしました。
価格としても「1000円」ですよ。

まぁ~仕方ないです。
という事で貼り付けます。

setachannel51.JPG

こんな感じで2重に重ねます。
これで出来る限りの浸水を、
防いでくれるはずです。

setachannel78.JPG

この白い隙間テープが月日と共に
どんな色合いになるのかが
心配ではありますが・・・。

目次にもどる

■ 8 装着2週間後のインプレ



という感じで準備が完了しました。
勿論、既に修理は終わっているので

実際に走行してみて
夜も走っています。

今の所は特に問題がないですが、
寿命がどの程度なのかは興味が
ある所ですね!

使えるだけ使ってみたいと
思います。

しかも、すでに予備のバルブは
購入済みという準備の良さ!!

あ、一つだけ気になるのは
光の高さ?光角?というのでしょうか?

その調整をしたいのですけど
一番低い位置にしても、
ちょっと高めになるので
もしかしたら、対向車には
眩しいのかも?!

setachannel22.JPG

大丈夫なのだろうか?

目次にもどる

■ 9 最後に



とはいえ、自分としては
こんな加工をしたりするのも
好きな性格ですから、

楽しかったりもしますけど、
逆にそうで無い方は、
バイク屋さんに依頼するか、

通販でも「純正品」を購入して
ポン付けするようにしたほうが
無駄が無くてよいと思います。

setachannel44.JPG

どちらが良いとは言い切れませんが、
単純に価格だけで話をすると

中華に対して純正約3倍かな?

となれば・・・
普通は中華製になるのかな?
まぁ~なんでも楽しんでしまってください。

こんな記事でも誰かの
参考になれば幸いです!

目次にもどる

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ


この記事へのコメント