京阪電車・石坂線の「ツートーンカラー車両」が見れなくなる!

40.jpg

いつも瀬田に行く際には
通り掛かる、
京阪電車の石坂線。

それ以前から幼い頃に
よく親に連れて行かれた
「立木さん」
に行く際に何度も乗った電車です。

そんな京阪の懐かしいカラーが
見れなくなるようです。





詳細



関西の私鉄・京阪電車の
シンボルカラーとして親しまれてきた、
若草色(ライト・グリーン)
青緑色(ダーク・グリーン)
ツートーンカラーが消え去ろうとしている。

50.jpg

京都と大阪を結ぶ京阪線のカラーリングは
2008年から2013年にかけ一新された。
しかし昭和レトロの香り漂う
ツートーンカラーの車両は、
滋賀県大津市を走る石山坂本線(石坂線)で
存続してきたのだ。

その姿の見納めも、
いよいよ2020年度末までとなった。

変わり行くもの



時間の流れと共に変わっていくのは
当然の事なんですけど、

変わって欲しくないものも
多々あるのも事実。

ただ、変えないと事故などの
問題になってしまう物もあります。

仕方がないのも理解はできるのですが
出来れば変えて欲しくないですね。

Keihan_Otsu_Line_Linemap.svg.png

年々 便利になってきて
当たり前のように存在する物ですら
姿を消してきてしまう昨今。

もしかしたら・・・

私達、人間も少しずつ淘汰され
地球には不要な物となるのかも?!


な~~んて
難しい事を言っていますが
考えて悩んでいても
仕方がないので、

自分としては
新しいものは受け入れるように
準備と対応をしつつも

良き物とそうでない物との
判別出来る様にしたいですね!

そして、世から無くなってしまう
物に対しては感謝をしつつ
記憶として残してあげましょう。

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ

この記事へのコメント