さぁ~新車を購入しよう!2018年10月行動開始!

30.jpg

7年間乗り続けてきた

「TOYOTA VOXY 70」

なんですが、
車検が近づいてきました。

この車は子供達の幼児期の思い出を
全て詰め込んだ車でもあるので、
考え深いのですけど・・・

「乗り換えます!」

いくら人気のVOXYといえど 
乗り潰す気がないんのであれば 
このタイミングな       
7年が限界になるかと思います。

さぁ~どうなるのか?!
そんな事を記録としても
記事にしていきたいと思います。

■もくじ


 ▶思い出回想
 ▶車選び
 ▶最後に


Sponsored Link








■思いで回想



10.jpg

語りだしたらキリがない、
それほどの思い出が詰まった車。

娘は小学校1年
息子は保育園年中ですから
行事も多いし常に一緒。

子供達を毎日この車に乗せての
送り迎えなどや、

家族旅行にも行きました。

四国にも2度行きましたし、
和歌山にも行きました
三重にも何度も。

なにより・・・

ラジコンを趣味にしていた時は
静岡・名古屋・兵庫や大阪
滋賀には何度行ったことか・・

20.jpg

奇跡のロクマルをゲットしたのも
この車の目の前だったんですよね。

本当に語りつくせない思い出が
詰まった大事なVOXYです。

ご苦労様としか言いようがないですね。
大きな事故もなく7年間ご苦労様でした。

目次にもどる

■車選び



車を乗り換えるとなると、まずは
「車種選び」からになると思います。

一人暮らしではないの、家族がメインに
考えないといけません。

10.jpg

こんなスポーツカーでは
家族の誰も納得しないでしょうから。

サイズ選び



車のサイズは重要だと思っています。
京都という地域姓を考えると、

余りにも大きな車は取り回しが
良くないと思っています。

自宅や実家の周りなどは
狭い道路が多いですし

10.png

このサイズ感ですと、
気を使ってしまいます。

それに・・・

自宅の駐車場にギリギリなんです。
入れられない事はないのですが
人が入るのが精一杯。
ドアが開けれないと思います。

となると、
自然に、5ナンバーサイズの
ミニバンが良いとなるんですよね。

こういった理由でVOXYを乗り継いで
いるのでしょうね。

あと・・・
軽自動車の案もありましたが
さすがに小学生の息子は、
親と一緒に行動する事もあり

家族で遠出する可能性も考えると
ちょっとつらいかも。
という結論になりました。

10.jpg

竿が乗らないので断固拒否したのは
言うまでもありません。

という事で、
結局、今まで乗っていたVOXYぐらいの
5ナンバー規格の「ワンボックスミニバン。」
で決定しました。

メーカー選び



このサイズのミニバンは
各メーカーから多数発売されていて
車種も豊富。そしてアイデアも
メーカーによって違うので
迷うところであります。

20.png

自分の中では、

TOYOTA 安心感 
NISSAN アイデア
HONDA  走り  

というイメージを持っています。
全体的名パッケージで安心して
平均点の車を出し続けているのが
TOYOTA

トヨタに対抗して、色々なアイデアで
車を作り常に日本のシェアをトヨタと
争いつつ、最先端の技術を世に出す
NISSAN

レースで培った走りの車を作り、
ファミリカーにも力をいれ、
お客確保を頑張っているのが
HONDA

ただ、技術的にもアイデア的にも
日進月歩で変化していますし

実際に見てみないと解らない!
と思います。

でも・・・残念ながら
ファミリーカーを選ぶのに
HONDAは除外させてもらいます。

免許を取得してから
26年になりますが
安心感という点では

他の2社に対しては及ばないかな・・

という事で、
残りの2社に絞って試乗にいこうと
思っています。

今まではVOXY一択だったのですけど
今回は、広い目でみてチョイスしようと。

NISSANの最先端技術は
こういったタイミングでないと
見る事は出来ませんからね~。

目次にもどる

■最後に



次回は、実際に試乗にいった話を
していきたいと思っています。

20181024112758191.jpg

そんなに詳しい訳でもありませんけど、
家族で一緒に試乗にいって
率直な意見を聞いたり、

今回からは子供達の意見も取り入れ
車を選んでいこうと!

勿論、値引きの話や
車の違いや、特色など、
そんな話ができればよいかな~!

決して安い買い物ではありません。
確実に7年は乗り続けるのです。

ちゃんと考えて
選んでいきたいと思います!

さぁ~どうなりますか!
たのしみですね。

目次にもどる

TOPに戻る

Sponsored Link











この記事へのコメント