新車購入の為に「競合車」の調査と試乗をしにいこう!他車の良さを知るのが大事。

20.png

新車を購入しようと決めたので
早速、実行に動き出しましょう!

ネットで事前に調査するのも
当然 大事だと思いますが

やっぱり「行動」するほうが
知れる情報量も多く
体感できるので、

近所のディーラーに向かうのが
一番なのではないでしょうか?

ということで
まずは、ライバル車の調査に
向かうことにしましょう~♪

値引きなど、ディーラーに行くのと
行かないのとでは、大きさ差に
なりますから~ね~

■もくじ


 ▶事前調査
 ▶NISSANセレナ
 ▶商談
 ▶交渉
 ▶最後に


Sponsored Link








■事前調査



手っ取り早く調査できるといえば
「インターネット」が思いつきます。

自宅で簡単、
スマホで簡単に

色々な情報が得れるからですね。
ですが車というのは、自分が乗り込み
ハンドルを握り、アクセルを踏む。

のですから、
目からだけの情報では数が知れています

10.jpg

やっぱり、ディーラーに出向き、
ルックス、ボディーカラー、サイズ
質感、シート、ハンドル、性能など、

なにより、「試乗」が一番なのでは
ないでしょうか?
まぁ~自分のような京都市内の
狭くて細い道では試乗の効果も
半減しちゃいますけどね。

とはいえ、乗らないよりは良い!
と思います。

ただ・・・
ネットで自分が見に行く車の
最低限の性能や昨日は
調べていくと、

ディーラーにいって、余分な説明を
延々と聞き続けたりしなくてもよく

逆にこちらから質問もできるので
是非、流し読みでもよいので
見て置くようにしましょう~

目次にもどる

■NISSAN セレナ



そして今回、最初に見にいった車が

30.jpg

言わすと知れた、
VOXYの競合車筆頭である

日産 セレナ [ SERENA ]

であります。
自分は60VOXYから三世代
乗り継いでいるのですが、
常に比較にあがる、
ライバル車であるのは
皆さん承知でしょう

ということで、知人のいる
ニッサンディーラーに家族で
行ってきました。

何気にはじめてのニッサンの店舗

10.jpg

綺麗だし、広いし交換がもてました。
入店してからは早速、試乗からです。

上記では事前調査が必要とかいいながら
無知識で行ったので、グレードも
全てお任せということで

10.jpg

今、売り出し中の「ハイブリッド」から
試乗させてもらうことに。

ハイブリッド



密かにハイブリッドは始めてでしたし
今回のセレナはエンジンではなく
完全にモーターを動力として走るとの事。

とはいえ、パワフルですし
エンジンと全く遜色がない走りができます
静かだし、加速もよく、

これからのスタンダードになるのは
間違いがないんだと確信しました。

30.jpg

それに、ほぼ自動運転なのか?
という機能が満載で、

勝手に走る、 
勝手に止まる
勝手に開く 

もう、私にはついていけないレベル
近未来を髣髴させるアイデアが
詰め込まれていました。

ただ・・・操作が自動すぎて
違和感がありましたけど、
それは、慣れでどうにでもなりそうです

ほかにも動きが人ではなく
機械的に動くので
車酔いをしやすい娘はちょっと
苦手な様子。

まぁ~最悪、そういう昨日はOFFに
して自分で運転すれば良いだけです!

ハイウェイスター



次は、ガソリン使用の「ハイウェイスター」
というグレードに試乗しました。

アイドリングストップは当然ですし
走りも安定のガソリン車。

走行するだけの事を考えれば
今のガソリンの価格だと
「月に12000kmほど走行」しないと
燃費的にも差額がペイできないとの事。

その事から、
まだ、ガソリン車でもよいのかな?
という判断ができますね。

機能・内装



言わずと知れたニッサンの
車内のシートアレンジは
本当に素晴らしく良く考えられて
あるなぁ~と関心します。

10.jpg

年々シートの質感もアップして
3列目でも十分に長距離・長時間でも
耐えれるほどだと思います。

息子が絶賛していたのは

30.jpg

2列目シート用のUSBポートが
1列目の背もたれに内臓されていて
ゲームやスマホなどの充電も可能。

これが一番のヒットだったそうです。
シートにトレイも装備されて
ちょっとした車内の食事も
楽になりそうですね~!!

他にも特に驚いたのは

30.jpg

キャップレスの給油キャップ。
最近ではセルフでの給油が
スタンダードになりつつあり

キャップをまわして外す手間が
なくなって、これなら
力の弱い奥様でも安心して
スタンドに行くことが
できると思います。

まぁ~言い出せば良さは
キリがないですね・・・

7年前とはちがって本当に凄い!

モニター・ナビ



褒めたおしてますが、
ニッサンの十八番といえば、
「アラウンドビューモニター ナビ」
ではないでしょうか?

30.jpg

なぜ?真上から車が見れてるの?
不思議でしかたが無い機能ですが

これがあれば難しい車庫入れも
大変な縦列駐車も安心して
運転できると思います。

ナビも機能が多すぎて
自分では使いきれないのかも
しれません~~

それぐらいに、多機能で
充実した車に仕上がってるのでは
ないでしょうか?

ニッサンギャラリー

コチラのサイトが見やすいかも

目次にもどる

■商談



93.png

さてココからは、商談タイム。
知り合いでしたので談笑しながらも
お金の事ですから真剣にもなります。

特にハイブリッドに関しては
ちょっと手がでない範囲になってます。

ヴェルファイヤも買えそうな値段ですね~

と言う事で当然、選択は「ガソリン車」
となるわけです。


ハイウェイスターVセレクションⅡ
 2,874,960円

e-POWERハイウェイスターV
 3,404,160円


その差は60万円です。
それをどう考えるかは
個々考える範囲だと思います。

我が家としてはガソリン車となります。
それを元にして、オプションなどを
選択しながら自分好みの車にします。

この辺は、日産の楽しい部分でもあり、
逆に言えば、オプションを追加して
行くわけですから費用もかさみます。

機能的にしていくのには
その分を追加していくわけですが、

特に必要なければ
その分 費用を抑えられますので
ジックリ時間を掛けて選びましょう


ブリリアントホワイトパール
セーフティパックB
ナビレコツインモニターパック
ETC
フロアカーペット
バイザー
(最低限ほしい装備)

とこの辺だけでプラス70万円
そこから諸経費・税金などなど

それなりの値段になちゃいました。

目次にもどる

■交渉



ここまで来たら交渉ですね!
当然「TOYOTA VOXY」を
対向車にして交渉です。

10.jpg

ただ、値引きをしてもらう前に
一度帰ってみても良いかも。

先に値引き交渉を始めると
なかなか厳しいかと思います。

売る側としては、
最初に値引きしてしまうと、
その金額で他の店に行かれると

必ずその金額よりも
下回った金額を提示してきます。

これは絶対です!

そういう事もありますので
値引き交渉の前に一度 帰って
日を改めて店にいくことで

「購入の意思がある!」

と思わせたほうが
値引きも大きいかと思います

これは経験ですから
最初からは上手くできないかも。

それに、相手のディーラーも
本職ですので、相手の出方で
駆け引きをしてくるのも当然。

気長に頑張るしかないでしょう~

私のように、車検が迫ってきてて
数日で決めないと間に合わない!

なんて状況だと
完全に不利ですよ~

目次にもどる

■最後に



とりあえず、名刺とカタログを貰って
車の助手席においておきましょう。

そして、競合ディーラーに行ったときに
それを何気に見せ付けて
競争意識を強めることで
大きな値引きができる可能性も!

30.jpg

なんにしても安い買い物では
ないだけに、ジックリ行きましょう。

なんどもカタログをみて
解らなければ店にいけば良いし
満足できる買い物が
できればよいですね!!

自分としては

10.jpg

ロッドホルダーだけ置ければ
なんでも大丈夫なので
車選びは家族に任せるとします。

さ~
次回は TOYOTAに
行くことにしたいと思います!

どうなりますかぁ~♪

TOPに戻る

Sponsored Link












この記事へのコメント