3日連続釣行の最終日は瀬田川釣行で奇跡のデカバス連発!

setachannel (16).JPG

まさに・・・
奇跡という感じの瀬田になりました。
今までの釣果が釣果だっただけに

本当に嬉しい夜となったのは
容易に想像して頂けると思います。

火曜日の定例釣行なんですけど、
前日の釣果があっただけに
なんとなく・・・

釣れるかも!

なんて思いながら
瀬田に向かうのでした。


Sponsored Link








■ 1 イキナリ!!



3日連続の釣行の最後ですから
楽しもう!と一人で瀬田に向かいます。

名神はトラックが多くて、なかなかの
込み具合?!一般の車両は少なかったです。
そんな夜に瀬田に向かう車中で
今回の釣行のイメージをしながら
現地に到着し、

さぁ~イクか!!
とハッチを開けてみたら

20170320145509738.jpg

無い!んですけど?
そうなんです。
先日の湖西釣行から帰ったあとに
ルアーを乾燥させる為に
車から外に出してたのを
忘れてしまってました。

setachannel10.jpg

どうしよう・・と考えましたが
仕方がないので車に装備してある
ロッドを見てみたら、

ヘビキャロがセットしたままの
ロッドもあるし、常に使わない
ワームのケースも車に載ってたので

タックルバックも無し、
メジャーなんかの小物もなし
ほぼ手ぶらの状況での
釣行を開始しました!

目次にもどる

■ 2 状況より



setachannel (1).JPG

2017/7/19(水)
[5:00]曇り/無風
気温 24度/若潮
水温 瀬田川 28.6
琵琶湖大橋 28.2
安曇川沖 27.3
5点平均水位 -15cm
放水 30t/s

今となって考えると
もしかしたら・・・
この日から放水量が

15→30t/sにアップしたのが
良かったのかな?
完全に後付けですけど
こういった変化って大事ですよね!

ですが自分が釣りを始める前には
放水量は15t/sだと思ってたので

魚は沖の流れがある場所にいると
判断して、ヘビキャロを沖に向かって
遠投を繰り返しつつ
移動して広範囲に探っていきました。

目次にもどる

■ 3 魚の反応



この日のルアーに選んだのは
コチラ

OWNER(オーナー) ルアー GN-10 ジャスターホッグ 4.3" 01GPS 82910 -
OWNER(オーナー)ジャスターホッグ 4.3

ある程度、付属のパーツでアピールしてくれる
ワームをチョイスしました。
十分、沖にまでキャストできますよ。

ただ・・・
結構な距離を移動していきましたが
反応はなし。

それもギルのアタリすらもなく
もしかしたら間違っているのか?
なんてのも途中で悩み増したが、

別のルアーやリグにする準備がないので
変えようがないので続けるしか
ないんですよね~

そんな感じで2~3時間が経過しました。

キッカケ



そうこうしていると
怪しげなバイクが自分の近くに
寄ってくるではないですか・・

もしかしたら!
と思ったら

setachannel20.jpg

「M原さん」の登場!
話を聞くと、におの浜で投げてたら
花火の方達が賑やかになったので
コチラに移動してきたとの事。

そんなM原さんに、今の状況だったり
釣り方だったり、今の状況だったりを
話をしたり、話を聞いたりしつつ、
情報交換ができました。

こういったリアルな情報って大事ですね
しかし、これが奇跡へのキッカケだった
のかもしれませんね・・

目次にもどる

■ 4 閃き



そんなM原さんとも30分ぐらいで 
お別れをしつつ、自分は上流に移動。

その時に思ったのは、
「このまま同じ事をしていては
釣れないんじゃ~ないかな?」
と選んだのは、

ノーシンカーテキサス。
使ったワームは

一誠 キャラメルシャッド 5inch issei Caramel Shad 42 夕方シークレット 5本入 -
一誠 キャラメルシャッド 5inch

大型のワームで飛距離も意識しつつ
これをナチュラルに落としていきました。

以外に飛距離もでるし広範囲に探れるな~と
感じつつも結局は手前に落としながら
テンポ良くラン&ガンしてました。

そんな時に

setachannel (7).JPG

何気に掘り込んだワームが
「チョン」
「チョン」

と反応があり、これってギル?!
だろうなぁ~と軽くフッキングしたら

setachannel (6).JPG

チャイチーバス君が
元気に喰ってきてくれました!

setachannel (8).JPG

なんにしてもボウズ回避の一匹に
嬉しさが爆発してしまいました!

数時間、何の反応も無い時間を
過ごしていただけに嬉しさも
倍増だったのかもしれません!

目次にもどる

■ 5 そして奇跡が



と、とにかく一匹釣れたので
意気揚々と続けていると
最初にも投げていたポイントを
もう一度、試しに落としてみたら・・

「ん?」

もしかしたら?!
と聞いてみたら・・・

きたぁ~~!

元気なバスが喰ってましたよ!
でも障害物などがあったので
どうしようか?!と
周囲を確認しつつ

どうする事もできないので
抜き上げる事に!!


ズッシリくる重さに
それなりのサイズを確信!
出てきた魚は・・・

setachannel (10).JPG

setachannel (9).JPG

ちょっと、細いけど
確実な40UPのグッドバスでした!

いや~まさか・・・
同じポイントで喰うのと
喰わないのとで大きな違いが!

これだから釣りは楽しいんですよね
予想出来ない事が起こるので!

と・・
この40アップのバスが
奇跡という事ではなく、
この後の出来事が奇跡に
なったのです!!

奇跡



と、かなり自分的には
満足な1本だったのもあり、
時間的にもソコソコ深夜にも
なっていたので

最後のこのエリアだけ
撃って返ろうかな?!と

手前の落としてみるのに
キャストしてみたら、
チョットラインが葉に当たり
ラインがバックラ気味になった
その瞬間、

ゴン!!!

なに?なに?と意味も解らず
フッキング!!

すると、先ほどよりも重量感のある
感触がロッドから伝わります!

でも・・・

10.jpg

先ほどの軽いバックラの時に
ロッドの先でラインが絡まっていて
巻けない状態になってました。

このままではバレルと思ったので
とにかく自分が移動する事で
ラインのテンションを掛けて
バラさないように・・・

と、ふと考えると
寄せて来れないという事は

8.jpg

釣れないという事!

移動しながらも考えます。

1480293350930.jpg

閃いた♪

ラインを持って抜き上げよう!
という決断に至りました。

もう悩んでいても仕方ないので
ラインを腕に絡ませつつ
魚を寄せてきて、

ラインを持って一気に抜きます!

setachannel10.jpg

とズッシリくる重みで
ビビリましたが、なんとか
抜き上げれました!

setachannel (13).JPG

でも、その瞬間フックオフ!
もしも一瞬でも手間取ったら
釣れなかった魚です。

setachannel (20).JPG

setachannel (16).JPG

こんな時に限って 計りがないから
重さがわかりませんが
1.5kg~2kgは確実にあるし
もしかしたら2kg越え?

いや~本当に
こんな事もあるんですね。

しかし、こんな格好悪い釣り方を
周りの人に見られなくて良かった!
かなりブサイクだったでしょうし

目次にもどる

■ 6 最後に



あくまでも結果的なんですけど
今回の釣果の要因は色々あります。

放水量のアップ
時間帯
リグのフォールスピード
ポイント

などなどありますが
答えは解りません。
ワームのカラーが良かった?!
自分はカラーは関係ない派

魚に答えを聞かないと!
という事を考えても
やっぱり、一匹でも釣ると
釣らないとでは次の釣行にも

大きな影響があるんですね。
ボウズが続くと自身の情報量もなく
結局、あやふなな方向になりそうです。

setachannel (18).JPG

しかし、
こんな奇跡的な釣果を上げるが
できるからこそ、釣りが楽しいんです。
次の釣行も頑張りたいと思います!

結局、
タックルバックが無かったのが
良かったって事なのか?(汗

目次にもどる

TOPに戻る

Sponsored Link








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


バス釣りランキングへ

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック